2017/10/26

Unica Painting day 毎日とアーティストセルフ

参加費:5500円 (1日)小学生以下3000円
(画材代 消費税込み)
画材持ち込み可 

 

今回は、「空間/スペース」にテーマしたいと思います。

 

誰かと同じ空間で絵を描くことは、不思議なもので、一人で描くのとは大きな違いがあります。

 

「時間」「空間」
「わたしの才能をサポートするもの。」

をテーマにそれぞれの内側のアートに触れていただく時間です。

 

13:00-16:00までは 時間とテーマを使い、自由に描くことと、テーマを持って描くことの違いの体験をします。

 

「自由とはなに?」
「そこで起きるわたしのリアクションは?」
「わたしの好きなことは?」
「わたしのクリエイティビティとは?」

*これはとても面白い自分自身に対する実験であり体験です。

 

16:00-18:00までは、エクセサイズを元に描いてもいいですし、自由に描いても構いません時間です。自由参加です。
(課題が欲しい方は、相談しましょう)

 

絵を描くこと自体が、毎日のあなたの視点を広げてくれ、自分自身に向き合う時間となります。

アートを通しての交流は、日常生活での、手の届かない繊細な部分をケアしてくれ、人生を歩む勇気をもたらし、それをキープする大きなサポートです。

 

今回テーマにした
「毎日とアーティストセルフ」
毎日がアート、というコンセプトは皆さん、充分ご存知だと思います。

このワークショップは、アーティストセルフと、自分自身という、アイデアから生まれました。

 

実際のところ、どんなアーティストでも、日常生活を歩んで、それぞれの役割を果たしている自分、とアーティストである自分がいるような気がわたしはするのです。
それが決して別でもなければ
決して一体でなくても良いし、
一緒に肩を並べて、仲良く歩いているようなイメージ。
(時には相談できたりね)
とはいえ、時には
全てが一致していなければいけないという、完璧ちゃんの幻想からの罪悪感が生まれたりすることもあります。
そのことを解消する、応援するプログラムとも言えます。

自分自身を見つめること、それは終わりのない旅です。
この旅にアートや音楽をするということは、自分と触れるきっかけを自然に、沢山作ってくれるのです。

 

いつも自分の傍に、アーティストがいるという、イメージはどんな人にも(アーティストになりたい人にはもちろんですが、そうでなくても)
とてもフレンドリーで幸せな有効なアイデアなのだと思うのです。

 

そのアイデアを持って、日常生活を送ると、新鮮な視点や、驚きがより鮮やかになって、今抱えている困難を乗り越える支えになるはずです。アートや音楽や瞑想を日常に取り入れている方は、すでにご存知だと思います。
そして、すでにアートな生活を実践している方でも、これからしようとする方どちらにも、ごのインテンション(意図)を誰かと一緒に実践することは、互いの大きなサポートとなります。

 

アートを作っていない方にでも、この内側の創造力を誰かとシェアすることは、日常の中で自分自身に優しい想像的な視点をもつ大きな助けとなります。
これは、10年間ギャラリーをオーガナイズしてきた中で、アーティストさんから、お客様から、教えていただいた経験をシェアさせていただきます。

 

Unica Creative Space 眞田友恵

 

絵を最近描いてないなぁー!!
という方大歓迎です!

お申し込みは : unica@unica.llink まで
*お名前
*ふりがな
*お電話番号
*メールアドレス

をお書き添えの上お申し込みください。

 

Facebookメッセンジャーでも 眞田 友恵 (Tomoe Sanada) までお気軽いメッセージでお申し込みください。

https://www.facebook.com/tomoesanada

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です