2016/5/25-30

Polymorphic – Koo Jung Mi Glass Exhibition 2016

2016/5/25(水)-30(月)

12:00-20:00

最終日のみ18:00 予定


 

 

 

 

Koo Jung Mi からのメッセージ

ガラスを使って作品を製作する時、通常はまず何をつくるかを決め、製作のプロセスを構築し、それに沿って作業をしていきます。
いかに作品を最初のデザインやイメージに近づけるか、が完成ということになります。
私の製作過程はこれとはかなり違い、制作に取り掛かる時に完成した作品のイメージはありません。
制作のプロセスのみを決め、素材との対話を通して作業を進めていきます。
これは非効率な方法かもしれませんが、創作の自由と、素材の可能性を与えてくれます。
Unica(旧Starpoets Gallery)での個展は四年振りになります。
その間、私は自分を再構築するいくつものプロセスを経験していました。
それは過去や現在の自分を取り巻く事象を見つめ直し、自由に先に進むための地ならしでもありました。
今回の個展の為に制作した作品達は、そういったプロセスを経て生まれてきた結晶です。
ガラスという、一見とても制限のある素材の多様性を感じていただければ幸いです。

 

When artists use glass to create their pieces, they normally have certain concepts and concrete images of the final products.
They construct the working process first, then, start working on actual pieces.
Unlikely, I usually do not have any images or concepts when I work on my pieces.
I only decide how to work and what to with the medium.
When I am working on my pieces, I set the highest value on the dialogue between the medium.
This may be insufficient way, but it will definitely give the freedom to my creativity, give polymorphic possibilities to the medium.
It has been 4 years since the last show at Unica ( ex. Star poets Gallery).
During the period, I was going through numerous process to reconstruct myself and my life.
It was necessarily to go beyond my past and present, and step forward to the new free future.
The pieces for this exhibition were created after I’d passed through this experience.
I sincerely hope that the audience will somehow feel the sense of the freedom and polymorphism through my work.

 

Koo Jung Mi / 具 静美 (クー・ジュンミ) Profile

東京都出身

Web : http://www.jungmikoo.com/

 

2001年 ハワイ大学マノア校芸術学部卒業芸術学士号(陶芸専攻)
2002年 ハワイ大学マノア校芸術学部研究科修了(ガラス専攻)
在学中コーニング・スタジオ・オブ・グラス(ニューヨーク州)、
ヘイスタック・スクール・オブ・クラフツ(メイン州)にてワークショップ 受講
2003年

帰国。以降、新島グラスアートセンター、金津創作の森、東京ガラス工芸研究所、
ピルチャック・グラス・スクール(ワシントン州) にて、ワークショップ受講

現在、ガラス作家、ワークショップ・コーディネーター兼通訳として活動中

主な展覧会
2015年 個展 Longleage Museum(東京)
2014年 二人展 ギャラリー銀座一丁目(東京)
2013年 個展 ギャラリー銀座一丁目(東京)
2010年 個展 – Cycle / Star Poets Gallery(東京)
2009年 Photo Glass/ Grass Hopper Gallery(東京)
2008年 Elements of Spring / さくらギャラリー(東京)
個展 – Color Code / Star Poets Gallery(東京)
個展 – Fluidity / ギャラリー澄光(東京)
2007年 個展 ‒ Glide / Star Poets Gallery(東京)
Gifts from Working Bees / Grass Hopper Gallery(東京)
2006年 ビアマグランカイ 6 (巡回展)
Glass Talks / Gallery Klammer (東京)
個展 - not useless / 日向堂(東京)
2005年 個展 - Recollection of Remembrance / Grass Hopper Gallery(東京)
Print Show / Pilchuck Glass School (WA, USA)
2004年 第二回かわさき現代ガラス展/ミューザ川崎 (神奈川)
2002年 Some Assembly Required / Koa Gallery
The 33rd Annual State wide Juried Exhibition / Academy of Arts
個展 – All Life is Foreign Countries / Ceramic Showcase
(すべて米国、ハワイ州にて)
2001年 Some Assembly Required / Koa Gallery
The 33rd Annual State wide Juried Exhibition / Academy of Arts
個展 – All Life is Foreign Countries / Ceramic Showcase
(すべて米国、ハワイ州にて)
2000年 Wearable Art of New Millennium / Academy of Arts
College Art 2000, / Fluxion Gallery,
Ground Zero, / Main Gallery, University of Hawaii at Manoa
The 32nd Annual State wide Juried Exhibition / Academy of Arts
(すべて米国、ハワイ州にて)
1999年 Conversation with Clay / Commons Gallery
Art 254 / Commons Gallery
(すべて米国、ハワイ州にて)
常設展
2007年 リントコーポレーション (東京)

 


 

dm_omote  dm_ura

Past Exhibition@Star Pets Gallery 東京

 

spg_ban

 

 

1 comment

  1. 小野ひとみ より:

    なんて素敵な!作品たちでしょう。
    美味しそう~と、思った私は、やはり食いしん坊ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です