2015/7/9-12

いしはなひらくとき…surya 田中美穂 & 鷲野美香 2人展

 

2015/7/9(木)〜7/12(日)

 9日(木)10日(金) 12:00-20:00

11日(土)12日(日) 12:00-18:00

作家在廊 : 毎日

 

7/9(木) レセプションパーティ 18:00〜


 

01_02 01_03 01_04 01_05 01_06 01_07 01_08 01_09 01_10 01_11 01_12

 

 

02_01 02_0402_03 02_1202_05 02_1102_07 02_08 02_09 02_10

 

今回は、マクラメ編みのアクセサリのsuryaと、万華鏡とシルバーアクセサリの鷲野美香の2人展です。

 

お二人に共通するのは、天然石への審美眼と愛。

自信の感覚を信頼し、美しい石を掘り起こす。

これは実際掘っているということではなく(当たり前ですが、いやこのお二人ならやりかねませんが)、いわゆる、綺麗な石を扱っているのではなく、

石の個性を尊重し背景を調べ、その美しさを見いだすという、深さと愛と努力があるのだと思うのです。

 

どんな世界にも、マニアックな審美眼はあり、それは、外側からは、理解されづらいものなのかもしれませんが、天然石は地球が生み出した色、形の世界なので、誰にでも楽しんで戴けるのではないか?と思うのです。

美しい

と一言で言っても、それが何かを表す事ができないように、地球の結晶の美しさは色んな、視点の扉があります。

 

そんなことを、人生の機微になぞらえて、天然石の表情に映し出しているお二人の姿はとても純粋です。

 

suryaは、いわゆるマクラメ編みの印象を変えてしまうような、繊細なネックレス、ピアスを出展。様々な天然石の姿をより身近に楽しめるように作られたアクセサリは、付け心地が軽やかで、大人気です。

金属アレルギーの方にも、つけやすいと評判をいただいています。

 

鷲野美香は、天然石をつかった、万華鏡と自作のシルバーアクセサリーを出展。

万華鏡は今回初出展。天然石が放つ、自然な色や光だけを切り取った、世界。

本当に、ちょっとした色の質の違いなのかもしれませんが、人間の目はその違いを見抜くんですね。

とても面白いです。覗くのをやめられない、万華鏡です。

 

お二人の作品からは、マニアックな審美眼を、どのように日常で楽しんでいただけるか?
という献身を感じます。

 

それは、家庭の日常の毎日のハプニングをこなしながら、自分自身にもどる時間を、積み上げて出来ている作品達だから。けして「非日常と日常を切り離させない、決意」のようなものも感じるのです。

 

その「大切でうつくしい時間がつまった、いしはなひらくとき」なのです。

ぜひ、作品をお手にとってご覧ください。

 

皆様のご来場をこころからお待ちしております。

unica 眞田友恵


 

Message from surya/田中美穂

今回もひとつひとつの石をとても楽しく丁寧に選ぶことができました。

どれだけその石の素敵さ、魅力、ひかりを活かせるか、わたしなりのチャレンジをまた見ていただけたら嬉しいです。

 

surya/田中美穂 Profile

大学で陶芸を学ぶ傍ら、小さい頃から親しんでいたダンスに情熱を注ぐ。
卒業後はそのままダンサーとして活動、1995年に結婚、出産を経て三児の母となる。

それから長い専業主婦と育児中心の生活の中で、
「やっぱり何かを表現していたい」という熱望を自分の中に強烈に見つけ、
出来る範囲で興味のあることに少しずつチャレンジし続け、
2007年にハマダヨーコ女史に出会いクリスタルを通した世界観を学び、現在もかけがえのない師として学び続けている。

2009年天然石アクセサリー「surya」のサイトを立ち上げ、
大好きな煌めきの世界を表現する手段を得て、自らの表現を磨いている。

http://surya-minerals.ocnk.net

Facebookページ 
http://www.facebook.com/pages/天然石アクセサリー-surya-スーリヤ/268738929852504

 

 

Message from 鷲野美香

石は人の心を照らす光となる

石は人の心を くすぐり

リセットし そして動かす

それはまるで

カレイドスコープの映像が変わる

あの瞬間のように

 

鷲野美香 Profile

幼い頃から 収集癖があり手仕事好き。

服飾の専門学校を卒業後 婦人服メーカーのパタンナーとして勤務。 結婚後 クリスタルにハマり 宝飾専門学校で彫金を学ぶ。

アクセサリーの製作、販売のウェブサイト True Colors を運営。

 

 

Past Exhibition@Star Pets Gallery 東京

 

spg_ban

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です