2017/3/31-4/2

Sidd Murray-Clark ‘Creative Vision for Life‘ Retreat in Takao 3days

 

Photo © Satoko Noguchi

Creative vision for life
クリエイティビティがあなたの至福を育む

 

今回のテーマ:
Creativity ~ Opening inward ~ Inviting the Universal
クリエイティビティ〜内側に開いてゆく〜 ユニバーサルへ招待状

 

真のクリエイティビティに触れる3日間。

 

じっくり、個々の内側のスペースに向き合う、のスペシャルな3日間のリトリートです。

 

自分のプロジェクトやお仕事へ、クリエイティビティをもたらすための3日間です。

 

Creative Vision for Lifeのワークショップやリトリートは、クリエイティブでありたいと願う全ての人に開かれたプログラムです。
クリエイティブな視点や喜びを私たちの人生にとりいれ、豊かな表現を可能にし、個々の個性を引き出します。

 

「クリエイティビティの源泉」に触れる

 

Creative Vision for Life の代表であり、画家である、シド・マリークラークがガイドするこのコンセプトは、だれもがもっている内側に在る「クリエイティビティの源泉」に自らが触れ、開き、表現することです。

 

その私たちそれぞれの「クリエイティビティの源泉」に触れる為のプロセスは、自身の内なる空間に触れることをガイドします。アーティストに不可欠な「オリジナリティ」を作り出す内側の空間にふれるために、瞑想的な手法が使われます。

シド・マリークラークが言う「オリジナリティ」とは、わざわざ作り出すようなものでもありません。内側の空間にふれつづけることによって、発見し思い出してゆくようなものなのです。

 

1DAYワークショップとの違いは、あなた自身の意図、希望にそって、シドの個人的なサジェスチョンがあります。

 

 

内側で感じている事を、表現するための架け橋、それは個々が違った視点やツールを持っています。

シド・マリークラークはそのことを細かく見極め、静かに時にはするどく、それぞれの個性を自ら見極めるようにガイドします。

 

アートに限らず様々なジャンルでプロフェッショナルにご活躍している方や、

日々変化成長するために、

または、日常生活に豊かな時間を取り入れたい方に

クリエイティブでありたい、瞑想的な時間をとりいれたいと思う

全ての方にご参加いただけます。

 

個々の才能へのアプローチは様々です。

シドの繊細なその見極めは、あなたを勇気づけ、自分自身の創造的な視点で人生を切り開くきっかけとなるはずです。

 

 

今回はの高尾で滞在型の3日間です、緑に囲まれた秋、沢山の色が発見できそうです。

皆様のご参加を心からお待ちしております。

 

 

 

 

日時

3/31(金)11:00-18:30

4/1(土)10:30-18:30

4/2(日)10:00-18:00 ※4/2(日)は1日のみでも参加できます。こちらをご覧ください>>

参加費

69,000円(税込・通訳費込・昼食込・夕食宿泊費別)

クレジットカード決済(手数料4%)をご希望の方はお問い合わせください。

材料費別途 1日につき2,000円(当日現金にてお願いします)

参加条件 事前に「シドからの質問」をメールにてお送りします。そのお答えをして頂く事が参加の条件になります。
会場

おおるりの家/〒192-0156 東京都八王子市上恩方町2030

交通

【バスでお越しの場合】

JR高尾駅北口から、西東京バス「陣馬高原下」行きで約30分。「宮の下」バス停下車。

 
【お車でお越しの場合】

中央道八王子ICから国道16号、国道20号(甲州街道)を経て、追分交差点から陣馬街道をおよそ12㎞の道のりを約30分。

宿泊費

1泊 3500円(食事代別)*お食事は事前にご予約です。 朝食は1080円 夕食は1620円〜

詳細はお申し込みいただいた方にご連絡いたします。

持ち物
服装
  • ぞうきん(絵の具でよごれても良いタオル)
  • こちらで画材をご用意致しますが、筆やハケをお持ち方はご持参下さい。
  • ダイナミックに絵を表現いただきますので、大きな筆もお勧めです。
  • 絵の具でよごれもかまわない服装をご用意ください。
  • 座布団(45Lのゴミ袋に入る大きさでおねがいします。)

(お車でいらっしゃる方のみお願いします。)

お申込み

こちらからお申し込み下さい>>

 

  • Photo © Satoko Noguchi

  • Photo © Satoko Noguchi

Photo © Satoko Noguchi

  • Photo © Satoko Noguchi

    Photo © Satoko Noguchi

  • Photo © Satoko Noguchi

Photo © Satoko Noguchi

Photo © Satoko Noguchi

Photo © Satoko Noguchi

 

 

2016年開催「クリエーターのための3日間 with Sidd Murray-Clark in 高尾」

 

 

お申し込み方法

以下の必須項目(*)に記入し送信下さい。

先着順にて受け付けさせていただきます。

 

お名前*

 

ふりがな*

 

郵便番号*(半角) ※郵便番号を調べる>>

 

ご住所*
※郵便番号を入力すると、都道府県、市区町村までは自動で入力されます。番地・建物名などはご記入下さい。

 

電話番号*

 

e-mail*

 

宿泊希望日*
3月30日(木) 3月31日(金) 4月1日(土) 4月2日(日) 宿泊しない 

 

備考

 

 

送信後、自動返信メールがすぐに届きます。

しばらくしても届かない場合は、何らかの理由で届いていない可能性があります。

 

*URL付きメール規制の設定がされている
*パソコンからのメール規制の設定がされている
*unicaのアドレス指定受信、またドメイン指定受信の設定をしていない

上記のような設定をされている場合に、自動返信メールや、ご予約完了メールを受信できない場合がございます。

 

お手数ですが、メールの受信設定をご確認頂き、再度お送り頂くか、unica@unica.link までご連絡下さいますようお願い致します。

 

自動返信メールの後、お振込口座などの詳細情報は再度メールにてお知らせいたします。
詳細メールの返信には2~3日かかる場合がございます。
3日以上経ってもこちらから詳細メールがない場合は、大変お手数ですがご連絡下さいますようお願いいたします。

 

ご入金の確認をもちまして、お受付完了とさせていただきます。

当日受付にてお名前をお申し出くださいませ。

 

キャンセル規定

キャンセルのご連絡は、5日前までにお願いいたします。
それ以降になりますと下記の通り、キャンセル料金が発生します。ご注意下さい。
5~3日前   参加費の50%
前日&当日  参加費の100%
(お振込手数料を差し引いてのご返金となります。ご了承ください。)


お申し込み&お問い合わせ / Bookings&Info
TEL&FAX:Unica 03-3422-3049
MAIL:unica@unica.link 担当:眞田(さなだ)

 

Sidd Murray-Clark (シド・マリークラーク) Profile

Sidd Murray-Clark (シド・マリークラーク)

Photo © Satoko Noguchi

 

<アートの紹介>
シドのアートは、自然と自己の内なる自然、その両者の関係の探求にあります。
様々な媒体を使うことで、材料が絵のテーマやヴィジョンを上手く表現できる助けとします。
彼にとってのクリエイティブなプロセスとは、探求と蒸留と言えます。
このプロセスを通して、アイデアやイメージの本質を追及し、その真髄を表現することができます。
シドの作品の中には、本質に至ることを目的とした削除を試みるために、抽象的な形に働きかけることがあります。
このプロセスと自己の瞑想との間に、たくさんの類似点を彼は発見しています。

 

Photo © Satoko Noguchi

<プロフィール>
シドはスコットランドにあるエジンバラで生まれました。
幼少期をシンガポールで過ごし、その後、教育のためにイギリスに戻りました。
彼は舞台芸術デザインを学び、ロンドンのセントラルスクールオブアートで学位を受け、その後、ロンドン大学芸術学部の研究科を修了しました。

 

<アーティストとしてのキャリア>
ヨーロッパ、アメリカ、インド、アジアにおける個展
企業や個人からの作品のコミッション

 

<デザイナーとしてのキャリア>
現代バレエと、クラシックバレーのプロダクションに参加 ヨーロッパ、インド)
ランドスケープデザインとガーデンデザイン (インド、アメリカ)
グラフィックデザインとイラストデザイン(アメリカ、イギリスの出版物)

 

<講師経歴>
セントラルスクールオブアートの講師
アメリカ、ヨーロッパ、日本においてペインティングワークショップ開催

 

http://www.siddart.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です